« 充実・充電のお正月休み | トップページ | ちいさい頃からキッチンに »

2010年1月11日 (月)

オープンキッチンになじむ、キッチン壁面収納♪

こんにちは、今日は少し寒いですね

連休の最終日いかがお過ごしですか?
(リブコンテンツは今日も営業しています!)

ところで、今日は「成人の日」。
朝からお着物姿の新成人の方たちとすれ違いました。
きれい~、そして大人っぽくてびっくり。
自分のときはもっと違ったような


さて、先週から少しずつ、ご報告しているT邸家具。
(TVボード取付の様子は、こちらへ)

今日は、キッチンの壁面収納についてです。
まずは、before/afterをご覧ください



before① (建築中:現場下見)
Dsc03940_4
手前がペニンシュラ型キッチン。
(タイルカウンターもまだ途中ですね)
壁も下地の状態です。
奥の壁面にリブコンテンツの収納を取り付けます。


before② (取付当日)
Dsc04055_2
今回はお引渡し後の取付ということで、
キッチンも壁もすべてきれいに仕上がっています。


↓ 
after (完成!)
Dsc04112_5
しっくり、すっきり納まりました!



では、順を追って書いていきます

Dsc04080_2
朝一番は、キャビネットの搬入。
(工場で1つ1つ作り、現場でつなぎ合わせていきます)
この他にも、職人さんの道具類も運び込みます。

すべての搬入が終わったら、梱包材を開けて確認。


Dsc04059_2
キャビネットの土台となる「台輪」。
早速、設置予定の壁面に置いてみます。
(キッチン側のキャビネットには 「アジャスター&巾木」を使います)

寸法もOK。建築の巾木との納まりもOK。
次に進みます。

Dsc04085_5
台輪の上に、キャビネットを並べていき・・・

Dsc04089_2
キャビネットを並べ終えたところで
カウンター(天板)を乗せます。
ここでも水平を取りながらしっかり固定。

Dsc04088_3
フロアキャビネットの形になってきました。
この後、扉を付けたり、引出を取り付けたりして
一段落です。

Dsc04097_2
次は、吊戸棚の取り付けに。

Dsc04134
跳ね上げ式の扉に。
(フラップアップ扉とも言います)

扉を開けたままでも邪魔にならないので
カウンターの前に立っての作業もスムーズに。

この金物は以前ブログでもご紹介した新製品です。
コンパクトで機能も◎。詳しくは↑からどうぞ。


Dsc04100_2
吊戸棚の底面にはLEDを。
手元灯としてはもちろん、ダウンライトとして
お部屋の雰囲気づくりにも◎です。
(キッチンの照明についてはこちらもどうぞ。)

吊戸棚の取り付けも終わり・・・
全体像はこちらです!

Dsc04136_3
リビングに取り付けたTVボードと同じ扉(ナラ材)なので、
LDK全体に統一感があり、すてきな空間になりました。


デッドスペースになりがちな冷蔵庫の上もしっかり活用。
吊戸棚からつながる「オープン棚」を付けました。
収納スペースとしてのほかに、
ディスプレイスペースとしても楽しめます

このような、家具のご相談もお待ちしております。
お気軽にお問い合わせください!

最後の一枚は・・・
Dsc04110_3
かわいい職人さん?
Tさんの息子さん、K君(4歳)です。

取付完了後に、Tさんと一緒に来てくれて
なんと棚板用のダボを付けてくれました!
後姿からも真剣さが伝わってくるようですっ。

「ぼくが作ったんだよ~
最後はニコニコご満悦でした!

それではまた



※恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションも今夜で最後。
  お時間のある方はぜひ見納めを!
   (クリスマスツリーがあったときの写真はこちらへ)



(Ok)


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ← クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ ← こちらもクリックお待ちしております!

-------------------------------------------------
⇒ リブコンテンツのホームページはこちらから!
-------------------------------------------------

|

« 充実・充電のお正月休み | トップページ | ちいさい頃からキッチンに »

 □造作家具(キッチン壁面収納など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープンキッチンになじむ、キッチン壁面収納♪:

« 充実・充電のお正月休み | トップページ | ちいさい頃からキッチンに »