« 『檀流クッキング』 | トップページ | 楽しい宿題@HRさんの洗面リフォーム »

2012年2月28日 (火)

食洗機の使い方でシンクをすっきり&シンプルに

みなさま こんにちは。

先日のとある調査で
『活用できていない家電』No.1が食洗機だそうで
何でだろう???と思ったところ
使い方を分からないまま使っていて
汚れが落ちないという感想が多いそう。。。

特に日本メーカーのものは
コンパクトなので入れ方の工夫が必要だったり、
強制乾燥の熱ゆえに注意しなければいけないことも 

先日輸入機器のメーカーさんがおしゃっていたのは
『日本は食器乾燥機が先に出回ったり、
衛生的な意味合いの強い補助的な使い方になっていて
あまり機械に洗ってもらうことに慣れていないのでは』とのこと。

たしかに食洗機の活用度の高い外国では
大きいキッチンのわりにシンクはシンプルでコンパクトなものが多く
主に調理時の水洗いやサブシンクで水を溜めたり
日本のようにシンクで“ワシワシ”洗うことは少ないのでは?

R0010929
(洋書のキッチン)

そういった使い方だと割れの気になるホーローシンクなども
取り入れやすいですね。
【HOME KITCHENS】にもご登場のHさんのこちらのキッチンも
ホーローシンクとワイド食洗機の組み合わせです

P1000438

日本のキッチンだとシンクは食器洗いがメインなので
少しでも広く使えるように形が変形だったり
実用的に洗い道具の為のラックなどを付けることが多くなります。

対面キッチンにしたい方で、
シンク内の洗い物や洗いグッズで雑然としたのが
丸見えになってしまうのを気にされる方は
少し立ち上がりを付けるのも一つの方法ですが

P1000609

外国式にシンクはシンプルでコンパクトに
その分、洗い物は容量&パワーのある食洗機におまかせして
あまりモノを置くことなくシンプルにすっきりと見せるのも
よいのでは

P1000601

ちなみに“使えない家電”
No.2は衣類乾燥機、No.3はホームベーカリーだそうですよ

(ohe)

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ← クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
← こちらもクリックお待ちしております!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

               ◎発売中!!
       
インテリアブックHOME KITCHENS
            
特設サイトはこちら

 本のご購入は こちらのご購入フォーム または amazon から

|

« 『檀流クッキング』 | トップページ | 楽しい宿題@HRさんの洗面リフォーム »

■オーダーキッチンあれこれ」カテゴリの記事

コメント

食器洗い機の正しい使い方とは?どうもいまいち汚れが落ちにくい気がするんですが。日本はご飯が主食のため、でんぷんのこびりつき汚れとか落ちにくい気がします。

投稿: 韓国ナサン武山 | 2012年2月28日 (火) 14時50分

韓国ナサン武山さま

コメントありがとうございます

やはり使い方にお困りでしょうか。
基本的に、こびりつきや焦げ付きは
食洗機の苦手とするところですので、
お茶碗などを洗うまで時間を置く場合は
水につけて置くとほぼ残らないかと思います。

あるいは余洗いコースを使ったりでしょうか。
最近出ているミスト洗浄タイプは
そういった汚れにも強いのが
売りになっています。

あと使い方としては、洗浄力を高める為、
詰め込みすぎず、噴射する口に向かって
(真ん中方向)お皿の内側を並べる工夫であったり、
洗いカスを溜めないことなどもあるかと思います。


投稿: リブコンテンツ 大江 | 2012年2月28日 (火) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食洗機の使い方でシンクをすっきり&シンプルに:

« 『檀流クッキング』 | トップページ | 楽しい宿題@HRさんの洗面リフォーム »