« 旬の味に出会う | トップページ | User's Voice »

2015年2月 3日 (火)

ちょっと隠したい ~セミオープンなキッチン

おはようございます。ishiiです。

キッチンが住まいの中心、
ダイニングやリビングと一体のオープンキッチンは
とってもポピュラーになりました。

でも、丸っきりのオープンキッチンは心もとない...
あまりにファミリーな空間になりすぎるのも...
と考える方もいらっしゃいますよね。

「じゃあ、セミオープンで」
といっても、カウンターと吊戸棚の間に細なが~く開口を設け、
リフォームのbefore写真(通称:うどん屋キッチン)のように
なるのは避けたいところ...

うどん屋キッチンとはこちら!
blog『対面キッチンの下がり壁って邪魔!vol2』

そんな時、どうするかと言うと...

コンロや冷蔵庫をダイニング側に持ってくることにより、
その後ろの壁で死角をつくったり、

013

こちらは、背の高い収納で目隠し。

Img_3519

あるいは、キッチンカウンターより少し高めの
立ち上がりを設けて手元を隠したり...

P1030072

水栓金具の頭がちらっと見えるくらい。
煩雑になりがちなシンクが隠れるとちょっと安心。

こんな風に、収納で手元を隠すことも。

P1011808

逆に、独立型のキッチンも
壁ではなく、こんなガラスのパーティションだったら、
やんわり空間を区切ってくれます。

P1011963

Photo

こちらはガラスの向こうがキッチン、手前がリビング。
リビングと空間を分けつつ、キッチンに孤立感がありません。
(こちら、店舗ではありませんよ!)

見える分量、見える部分に何を持ってくるかが重要。

冷蔵庫や炊飯器といった家電類が見えないだけで、
ぐっと生活感が薄まります。

あなたにちょうどいいつながり感のあるキッチン、
リブコンテンツとつくりませんか?

(IS)

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ← クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ ← こちらもクリックお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

               ◎発売中!!
       
インテリアブックHOME KITCHENS
            
特設サイトはこちら
           ショートムービーチャンネルはこちら

|

« 旬の味に出会う | トップページ | User's Voice »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと隠したい ~セミオープンなキッチン:

« 旬の味に出会う | トップページ | User's Voice »