- ご自宅でお料理・パン教室

2011年1月31日 (月)

黒を効かせたスタイリッシュな空間【SH house】

Sh01
黒をアクセントにしたキッチンはインテリアの主役。
大人っぽい雰囲気の空間、印象に残るようなキッチンがテーマ。
中心にはアイランドキッチン。
壁面に真っ白な収納を壁のようにあっさりと。
動きやすく使いやすいキッチンはお料理教室としても使えるレイアウトに。

Sh02
カウンターには黒い天然石を。
マットな質感がとても印象的な存在感。
アイランドは巾が広く取れなかった分奥行をたっぷりとってカバー。
両サイドには奥行の浅い棚を作ってお料理本やかわいい絵本なども。


Sh03
対面部分に作った食器収納。
引き違い戸は テーブルが接近している場合にとても便利です。
一度に食器が見えるのも魅力。
棚の奥行を変えて豆皿なども取り出しやすく。
登場回数もぐっと増えそうです。


Sh04
壁面にはハンギングレールを。
調理道具やペーパーホルダを吊るして見せる収納に。

Sh05
シンプルな黒いレンジフードはオーダーに。
形はスクエアでキッチンとのデザインを揃えました。
色は白にするか黒にするかの選択肢の中やはり黒で決まり。
空間が締まりました。

くつろぎがテーマの集いのスペース【WELLNESS COMPLEX L'ete】

Lt01_2 
くつろぎをテーマにしたインテリアに合わせて、
マットな質感の黒御影石カウンターやオーク材の扉など
ナチュラルな雰囲気のキッチン。
ダイニングテーブルや食器棚などもオーダーメイドで。


Lt02_2
丈夫なステンレスのダブルシンク。
洗剤やまな板もスッキリ納まります。


Lt03
アイランドキッチンの隣りにはオーダーテーブル。
オーク材をオイル仕上げにし、自然な風合いに。


Lt04
床は明るい色のタイルとダークなフローリングで切り替えて。
2つの雰囲気が楽しめます。



Lt05
ドイツ・ガゲナウ社の幅90cmのワイドオーブン。
キッチンとお揃いの食器棚にビルトインしました。

2011年1月30日 (日)

大人数でホームパーティーが楽しめるアイランドキッチン【IS house】

Is01
大きなアイランドカウンターが特徴のキッチン。
シンクを端によせることで、広々したカウンターを
大勢で囲んで作業できます。
ガゲナウのガスコンロを壁面のカウンターに組み込んだ2列型。
足の入るスペースを設けたダイニング側にハイチェアを置けば、
ちょっとしたカフェのよう。
ダイニング側へつけた引出しは小物の整理に何かと便利です。



Is022
シンク下には、ボウルやまな板を通気性良く収納


Is033
デッドスペースを作らないひと工夫。レシピ本の収納に


Is04_2
小さなワゴンカウンターは卓上ヒーターを乗せてダイニングへ


Is05_2
冷蔵庫横のOPEN収納はスライド棚付き。
食器の色をそろえると見せる収納もすっきり。

2011年1月29日 (土)

パン作りも楽しめる大きなカウンターキッチンへ【YS house】

Ys01
パン作りの為に広々とした対面カウンターのキッチンにリフォーム。
ここではパン教室も行われます。
大きなカウンターでは朝食をとったり、
書きものやパソコンなど様々な使い方ができ、とても機能的。
生徒さんを囲んでのパン作りが充実するオープンキッチンです。

Ys02
シンク下には 大きな引出を2段設置。
ルクルーゼのお鍋が綺麗に並びます。
重くても出し入れが楽だと登場回数も増えそうです。

Ys03
パン作りには必要な「発酵機」。
意外と大きく設置場所にも困っていました。
今までは別のお部屋にありましたが
毎日のパン作りとなるとやはり近い方が断然便利。


Ys04
グリーンが置けるようにとコーナーを利用した棚もオーダーならでは。
キッチンエイドの黄色が効いて温かい雰囲気に。


Ys05
OPEN棚はシャープな印象にしたいからステンレスに。
お気に入りの写真や小物をさりげなく飾って楽しむ使い方も。
ハロゲンライトが当たって雰囲気がより一層素敵に。

明るいアイランドキッチンでパンづくり教室を【HA house】

Hb01
対面式とはいえ、ハイカウンターと吊戸棚で少し閉鎖的だったキッチン。
明るい窓の近くへ移動させ、パン教室を開けるよう
複数で作業しやすいアイランドキッチンへと大変身。


Hb02
壁面に設けたコンロスペースは機能的なステンレスカウンター。


Hb03
大容量のパントリー。
キッチンとリビングを回遊できるようになっています。


Hb04
リビングダイニングの壁面には、PCスペースやAVボードをオーダー。
飾り棚もアクセント。

Hb05
天然石を用いたシンクカウンター。
明るく居心地のよいキッチンになりました。