- キッチンリフォーム

2011年1月29日 (土)

インテリアに馴染むシックなダイニングキッチンへ【TA house】

Ta01
築年数経った中古マンションのキッチンリフォームです。
既存の床はダーク系、ドアの枠もペイントのグレーが良い味に。
キッチンの古さだけは理想の空間とは違い
インテリアに馴染むシックなダイニングキッチンをご相談されました。

Ta02
ステンレスと白のシンプルスタイルは、当初からご要望。
壁のタイルは大人っぽくダークなガラスモザイクで雰囲気を出します。


Ta03
対面には食器が収納出来るカウンターをプラス。
なるべく物は多く持たず気に入ったものだけに。
見せたい部分と隠したい部分をバランスよく。


Ta04_2
見えにくい部分には家電を集中したトールユニットを。
スライド棚で機能的に。
家電が見えにくい事でいつも片付いているキッチンをキープ。


Ta05
配膳もしやすい対面カウンター。
お子さんたちも以前にも増してお手伝いをしてくれるようになったとか。
空間に黒が効いて大人っぽいテイストなのが新鮮。

色と質感にこだわったタイルで素敵な空間に【KU house】

Ku01
築年数の経った中古マンションのキッチンリフォームです。
あと数年後、大規模修繕になるという話も。
最低5年、このままのキッチンで我慢するよりも
コストを抑えても心地よくリフォームしたい!
半端に広いキッチンスペースに収納をプラスして機能的に。
またすっきり片付けなくても雰囲気良くのOPENキッチンです。

Ku02
壁とカウンターはタイル貼り。
シンクは実験用の陶器。
この雰囲気を作るにはやはり味のあるぽってりとしたタイルでないと。

Ku03
壁のタイルがアクセント。
この色合い、組み合わせは色々と悩んで決めました。
すっきりしまうキッチンでは無くいつでも誰でも使い易くわかりやすいキッチンがいい。
味のある材質を使ったキッチンなら自然と馴染んでくれます。

Ku04
元々あったガラスブロック。
新しくカウンターを付けた事で生まれ変わったような存在感。

Ku05
キッチンに作ったカウンターがダイニングとの仕切りに。
インテリアと色調を合わせて落ち着いた色合いに。

マンションの対面キッチンをお料理教室のできるアイランドキッチンへ【SH house】

Si01
新築マンションのキッチンリフォームです。
ダイニングとの仕切りの壁を無くしてアイランドキッチンにしたい。
お料理教室をご自宅で営む奥様は、今は育児の為にお休み中。
またいつでも始められるようにと思い切ってキッチンリフォームを決心されました。
新しいキッチンなので食洗機やIHクッキングヒーターはそのまま使うプランにしました。

Si02
このオープンなキッチンでは、お客様との会話も楽しみながら作業が出来るのも魅力。
作りながらが孤立しないで出来るのが理想の空間。
お友達なら気軽にキッチンに入れてそれも楽しそうです。

Si03
食器が一度に見れる食器棚もオーダー。
沢山お持ちの方にはとても便利。
棚板は奥行を替えて交互に。
ガラス、洋食器、和食器、変形の大皿、無駄なく収納したいです。

Si04
レンジフードはスクエアのシンプルなデザインのオーダーに。
黒がアクセントとなり全体を引き締めます。
既製品のフードにはない質感です。

Si05
床には黒いリノリューム敷き シックな色合いに。
壁面収納はすべて白で統一。
白と黒のバランスがポイント。
全体が暗くなりすぎないように使うのが今回のテーマ。

パン作りも楽しめる大きなカウンターキッチンへ【YS house】

Ys01
パン作りの為に広々とした対面カウンターのキッチンにリフォーム。
ここではパン教室も行われます。
大きなカウンターでは朝食をとったり、
書きものやパソコンなど様々な使い方ができ、とても機能的。
生徒さんを囲んでのパン作りが充実するオープンキッチンです。

Ys02
シンク下には 大きな引出を2段設置。
ルクルーゼのお鍋が綺麗に並びます。
重くても出し入れが楽だと登場回数も増えそうです。

Ys03
パン作りには必要な「発酵機」。
意外と大きく設置場所にも困っていました。
今までは別のお部屋にありましたが
毎日のパン作りとなるとやはり近い方が断然便利。


Ys04
グリーンが置けるようにとコーナーを利用した棚もオーダーならでは。
キッチンエイドの黄色が効いて温かい雰囲気に。


Ys05
OPEN棚はシャープな印象にしたいからステンレスに。
お気に入りの写真や小物をさりげなく飾って楽しむ使い方も。
ハロゲンライトが当たって雰囲気がより一層素敵に。

キッチンとダイニングをつなぐ無垢のカウンターが主役【SA house】

Sa01
閉鎖的だった既存のキッチン。
お料理するのも食べるのも大好きなご夫婦にとってキッチンは暮らしの中心。
OPENにしたい!ふたりでの作業が広々できたらいいな。
自分たちらしい暮らしがしたいから好きなテイストをたくさん使ったリフォームに。
素材感や色合いにこだわり、
実用としても多目的に使える横に広いカウンターが空間に加わりました。

Sa02
プラン上、奥行が浅い部分を利用してOPENに。
お料理本や洋書、季節を感じられるディスプレイで楽しめるように。
壁の色に赤やオレンジ系の色をポイントにすると華やかで映えます。

Sa03
ガラスの吊戸棚でできるだけ軽やかな印象を。
たくさんあるワイングラスなど透明のものはここに集約。

Sa04
広々した作業台は、配膳にも便利。
今まで以上にお料理も楽しめそう。
カウンターはナラの無垢材をオイルで仕上げたナチュラルなものに。
お手入れしながらいい味わいが楽しめます。

Sa05
奥のキッチンは既存のレイアウトのまま、L型キッチンです。
白い扉に交換、壁のタイルはグリーンのガラスモザイクに。
ブラウンに染色した棚が空間のアクセントに。

ご夫婦二人のこれからの生活スタイルに合わせて【KR house】

Kr01
築30年程の戸建のキッチンリフォーム。
子供達が独立し、夫婦二人暮らしのKRさん。
生活のスタイルも少しづつ変化し
30年使ってきたキッチンともそろそろお別れの時期。
「ここがこうだったらいいのに…」と思う部分はありましたが
そう簡単にキッチンを取り替えるタイミングって訪れないもの。
これからの生活に合った
「お手入れしやすく」「安全で」「生活が楽しくなるような」
キッチンリフォームのご希望でした。

Kr02
長いステンレスカウンターは絶対条件。
調理スペースを広く使い易く。

Kr03
扉の中に引き出しを。
どこに入っているか分かりやすいのです。

Kr04
家電類はカウンターに。
普段使いの食器や土鍋、食材ストックは引き出しに。


Kr05
出窓のカウンターも綺麗にリフォーム。
ステンレスの小さな棚にはお気に入りのものを。

シンプルに暮らす大人の空間【IN house】

In01
シンプルに暮らしたい。
そのコンセプト通りのキッチン、洗面、内装のリフォームです。
元々は、L型キッチンと洗濯機がレイアウトされたクローズドキッチンスペース。
洗濯機は洗面所へ移動。
その分広くなったキッチンはI型が可能になり、
収納しやすく調理もしやすいレイアウトに。
INさんの素敵なインテリアにも馴染むような大人っぽいキッチンへ。

In02
人工大理石の黒いカウンターと白い扉がシックな印象。
取っ手も小さくシンプルに。

In03
ダイニングから見えない場所が家電や食器の収納。
トレイも沢山置けるように。

In04
ここは作家さんの素敵なガラス達の場所。

In05
リビングダイニングの壁や天井は珪藻土クロスに貼り替えてマットな質感。
インテリアが引き立ちます。

明るいアイランドキッチンでパンづくり教室を【HA house】

Hb01
対面式とはいえ、ハイカウンターと吊戸棚で少し閉鎖的だったキッチン。
明るい窓の近くへ移動させ、パン教室を開けるよう
複数で作業しやすいアイランドキッチンへと大変身。


Hb02
壁面に設けたコンロスペースは機能的なステンレスカウンター。


Hb03
大容量のパントリー。
キッチンとリビングを回遊できるようになっています。


Hb04
リビングダイニングの壁面には、PCスペースやAVボードをオーダー。
飾り棚もアクセント。

Hb05
天然石を用いたシンクカウンター。
明るく居心地のよいキッチンになりました。

家族の成長にあわせて作ったフレキシブルなカウンター【YA house】

Ya01_2 
キッチンを中心とした、一戸建てのリフォーム。
中高生のお子さんのいるご家庭は食事の時間もそれぞれ。
家族に合ったスタイルのご提案とナチュラルな空間づくりで、
開放的で明るいキッチンが出来ました。

Ya02
簡単な食事のとれるカウンター&スツールを、キッチンのすぐ横にプラス。


Ya03
キッチンはステンレスと白でシンプルに。
床に貼ったのはPタイル。
市松模様のベージュと白でナチュラルな雰囲気に。


Ya04
シンプルで美しいミーレのウォールオーブン。
冷蔵庫はダイニングから見えない位置に。

Ya05
I型キッチンと対面カウンターを組み合わせたL型のレイアウト。
時間帯によって使い方も色々。

セミクローズドから広々&開放感のあるスペースへ【AK house】

Ak01
セミクローズドのキッチンをOPENキッチンにしたい。
カウンターの奥行を充分にとって広々した作業スペースを確保。
吊り戸棚も無くして開放感のある気持ちよいキッチンに。
対面側には新たに引き違い戸の食器棚も作り、収納力アップです。


Ak02
カウンターとシンクと水栓金具をすべて白で統一。
清潔感があり、小物もとても映えます。


Ak03_2 
コンロ上には こだわりの調理道具を沢山ハンギング。
色とりどりでお料理も楽しく。

Ak04
キャニスターがぴったり入るサイズの棚にオーダー。
一目でわかるOPEN収納。


Ak05
美しいデザインのツールを揃えてハンギング。
カウンターと壁は5センチ角のタイル貼りに。